SEO Blog
2011.09.21

インデックスを促進させる5つの方法

Bookmark and Share

index

 新規に立ち上げたサイト、もしくは新しく追加したページを早期に
 インデックスさせることはSEOにおいて必要な要素です。

 そのままでも、クローラーが回ってくることで基本的にはインデックスされます
 が、それではいつ該当のサイト、ページが巡回されるかわかりません。

 この記事ではインデックスをさせやすくする方法を5つピックアップし、ご紹介いたします。

null

1.インデックスページからリンクを貼る

既にインデックスしているページからリンクをします。

クローラーがインデックスしているページを巡回した際にリンクを発見し、
リンク先のページを巡回する可能性を高め、インデックスされる機会を増やすことが出来ます。

null

2.外部リンクを貼る

インデックスしている別サイトからリンクを貼ります。

1.と同様の理由ですが、インデックスされている別サイトからリンクを貼ることで、

クローラーが巡回してくる可能性を高め、インデックスされる機会を増やすことが出来ます。

null

3.サイトマップの送信

サイトマップを作成し、Googleウェブマスターツールの機能を用いてクローラーに対して、

どのようなページがあるかを明示し、巡回される可能性を高めます。

特にリニューアルした時や大幅にページを追加した際などに効果的です。

null

4.Fetch as Googlebot

最近新たに付与されたGoogleウェブマスターツールの機能です。
こちらの機能はページ単位でインデックスさせたいページを指定可能ですので、

ページを1ページ追加した際などに有効な機能です。

ただし月間で使用できる回数が決まっておりますので、すぐにインデックスさせたいページ等に

使用するのがよいと思われます。

※Fetchには”取り出す”という意味があります。

null

5.更新頻度を高める

クローラーは更新頻度の高いサイトを好み、頻繁に巡回します。

クローラーの巡回頻度の上昇は、ページを発見してインデックスさせる可能性を高めます。

null

まとめ

今回ご紹介した方法は、あくまでもインデックスされやすくする方法になります。

100%インデックスさせる方法はございません。

従いまして、限りなく100%インデックスさせるには、ご紹介した方法を全て試していただければと
思います。


コメント / トラックバック1件

  1. 青山 より:

    サイト担当者に役に立つ実務的な情報のリリースを期待しております。インデックスさせる方法、さっそく試してみます。

コメントをどうぞ

タグクラウド

Google SEO SNS WordPress ニュース 事例 豆知識