SEO Blog
2011.12.12

下期の順位変動の考え方

Bookmark and Share
デザイン
最近の変動について
順位の変動が最近多くない??とのご質問を頂戴することが
ございます。私自身も、特にその吉兆は多いのではないかと考えています。
今回は、順位変動が発生した際の考え方・ポイントを整理しておきたいと思います。

null

●順位変動とは


順位変動とは、Googleの日々アップデートにより、
より最適な検索結果を返そうと、既存の検索順位から
最適化を行なう為に検索の仕様を少し変更した後に
巡回するようになることから、変動が発生致します。

Googleの検索エンジンを採用している以上は、
避けては通れないことかも知れません。

これを私たちは、俗にいう「変動」とか「アルゴリズムの変更」
などと呼ぶわけです。

null

●順位変動が発生したら

あくまで、私の主観ですが下期は、この順位変動と呼ばれるもの
が非常に、多くなる季節だと感じています。

ですので、大規模な変動でなければ、冷静に解析を行い、
施策案の考案や、経過の観察・動向を大切にするように考えております。

ただ、実際にWEBサイトを運営されているお客様やWEBマスターの方は、
昨日までの順位と若干ながら相違があると非常に不安を感じるでしょう。

null

●順位変動へ対処/アプローチ

現在のトレンドとして、内部寄りになっていくのは間違いないのではと
私は、基本的に順位変動が起こった際には以下の事項で優先順位を
明示し、施策・お客様への提案を意識して行なっております。

① 経過観測
② 直近の更新/事象の洗い出し
③ 上位10サイトの変動状況
④ 傾向分析
⑤ 内部コンテンツ再確認

基本的には、ユーザにとって有益なモノであるべきとの指針もGoogleから
でておりますし、そもそものあるべき論であると思います。

WEBサイトに魅力があれば、当然順位が上がるだろうという考え方です。

とまあ、理想論が並びましたが現状はそんな事も無いですよね。。。

ですので、私たちは分析/解析を元にお客様への提案や日々のアルゴリズムや
傾向をキャッチし、様々の業種のお客様へ上昇の為のご提案をしております。

重複コンテンツの再確認⇒最近は、このテーマに関して弊社の施策部隊も
研究に取り組んでおります。

現状のアルゴリズムとの兼ね合いもありますので、
最新情報はまた、本ブログで掲載出きればいいなと考えています。

それではまた。


コメントをどうぞ

タグクラウド

Google SEO SNS WordPress ニュース 事例 豆知識