SEO Blog
2012.08.21

Google Web Master Toolからの新しいアラート

Bookmark and Share

警告

GoogleのWebmaster Central Blogから新しいアラートメールのアナウンスがありました。

検索クエリデータから検索流入数が減少した際報告してくれるようです。


弊社が管理しているサイトにはまだ届いていないため、日本語版のメールをまだ入手しておりません。


公式ブログで見る事が可能なサンプルは「トラフィック(検索結果からの流入数)の減少」の例ですが、
「表示回数」に関するアラートも追加されています。

ペナルティを通知するメールは手動対応が含まれているため、全て即時送られている、というわけではないのですが、
こちらは「アラートを送信するための閾値を求めている」という文章を見る限り、
急激な減少が起これば自動的に送られてくるとみていいでしょう。
瞬時の対応が可能になるため、被害をより少なく食い止められるようになります。


サンプルに記載されている内容は以下になります。


タイトル

http://example.com :トップページの検索トラフィックに減少が大きな起こりました。


本文

クリック数に大きな現象が起こりました。アルゴリズムのアップデートを含む、ある種の要因により、Googleからの流入が変化している可能性があります。もし、数日の間にサイトの設定やコンテンツを変更した場合、何らかの問題が生じている可能性があります。


推奨されるアクション

・ウェブマスターツールにログインし、「検索クエリ」のページをチェックする。

・サイト全体にトラフィック減少が起こったのか、数ページのみの変化かを確認する。

・コンテンツを変更した場合、一時的に順位が降下するときがあります。


セントラルブログの本文にはトラフィックが大きく減少する例として「リダイレクトのミス」が挙げられていますが、
他に可能性が考えられる要因としては

・特定のページが重複コンテンツとして処理された
・第三者による改ざん
・何らかの手動対応が行われた

などがあります。多くは表示回数も大きく変化しているはずですので、確認をお願いします。


8月16日にウェブマスター経由での転送先の振り分けが追加され、

その際、転送を有効にするためのチェックか外れている事象が起こっていますので

こちらも合わせて確認をお願いします。

タグ: , ,


コメントをどうぞ

タグクラウド

Google SEO SNS WordPress ニュース 事例 豆知識